キッコーマン株式会社野田工場敷地内の給水塔が取り壊されてされてしまうようです(>_<)

 なかなか更新が出来ずすいません(^_^;

 千葉県は野田市に、お醤油で有名な「キッコーマン株式会社」の野田工場があります。
周辺の方は、子供の頃に社会科見学などでその工場を訪れたことがあったりして、親しみのある工場だと思いますが、この工場には、お醤油を製造するための設備の一つとして、第一給水所に高さ22メートルの給水塔があります。
この給水塔が、3月までに取り壊されることとなったようです。
詳しいことは、産経新聞の「姿消す野田のシンボル給水塔」をご覧頂ければと思いますが、この給水塔からは、市営水道が出来るまでは市内への給水も行っていたそうです。
近くの方々には見慣れた景色にある給水塔、平成19年には、経済産業省の「近代化産業遺産」に認定されていることもあり、無くなってしまうのは寂しい気がしますね(>_<)

3月には姿を消してしまう給水塔。
 3月には姿を消してしまう給水塔。

裏側から見ても、古いポンプ室とセットで良い眺めです。
 裏側から見ても、古いポンプ室とセットで良い眺めです。

解体工事を知らせる看板。
 解体工事を知らせる看板。

経済産業省の「近代化産業遺産」認定の標識。
 経済産業省の「近代化産業遺産」認定の標識。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
面白い

この記事へのコメント

2010年02月01日 10:57
お久しぶりです。
キッコーマンさんには毎日
お世話になっッています。
残念ですね。
お醤油業界も厳しいのでしょうか
私は醤油がないと生きていけません
2010年02月09日 17:25
さとBARさん、こんにちは♩
御無沙汰しております。
こちらの給水塔の解体理由は、耐震の問題のようですね。
今は、ポンプの性能も良くなったので、給水塔が無くても問題無いようです。
因みに、私もお醤油は良く使います^^;